【全損】とは名称通り全てが壊れてしまう場合言い換えれば走ることが出来ないという状況の移動手段の車として任務を果たさなくなった時に言われますが自動車の保険における全損は少し異なった意味合いがあったりします。車の保険のケースでは自動車が壊された状況で『全損と分損』の2つの結果に区分され《分損》は修復のお金が補償内でおさまる状態を示し逆に『全損』とは修理の費用が補償額を超える場面を示します。一般的には、修理で全損と判断されると車の心臓、エンジンに重大な打撃を受けたり、車の骨組みがいびつになっていて修繕が不可能な時リユースか処分になるのが当たり前です。しかしながら、乗用車の事故で販売会社や保険会社が必要な修復の費用を算出した時に、どれほど表面がしっかりとして修繕ができる時でも修理のお金が補償額よりも高くては何を目的として自動車の保険に入っているのか分からなくなってしまいます。こういった状態では、(全損)と判定して乗用車の所有権を自動車の保険屋さんに渡して補償額を支払ってもらう仕組みなっています。当然それなりの期間使用した車で未練があり、自腹で直してでも乗りたいと希望するひとは多数いるので場合にて車の保険屋さんと意見交換するといいのかもしれません。また、自動車の保険の中にはこういう場面が考慮されて車両全損時諸費用補償特約等の全損のために特約がある状態が存在し予期せずマイカーが(全損)なった際でも購入などの諸経費をある程度補償してくれるサービスも実在したりします。更に盗難にあった時の補償金の特約をつけていたら盗まれてしまった車が見つけることができないケースでも【全損】と扱われ、保険が適用される決まりになっているのです。

Copyright © 2002 www.skateboardlongisland.com All Rights Reserved.